スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
豚バラ肉とプラムの赤ワイン煮

プルーンを使った豚肉の赤ワイン煮が本にのっていて、
美味しそうだったので、作ってみました。

豚肉は数日塩漬けにしたものを使用。
プルーンもあらかじめ赤ワイン煮にして、
肉を煮こむ時に煮汁だけ加えます。
実の方は、盛りつけの時に添えると本にはありましたが、
もう少しソースと馴染ませたかったので、最後の方で少し一緒に煮ました。

今回使ったプルーンは、かなり大粒の肉厚なもので、
甘酸っぱいフルーティーな味が豚肉とよく合いました。

豚の角煮を作る時の要領で、
柔らかくなるまで煮たあと、一晩おき、
固まった油をとりのぞいて、再び煮直しました。
脂身がとろとろで美味しかったです。


葱油餅

こちらは、台湾の葱油餅。

本場のを食べたことがないので、
これが正しい味なのかわかりませんが。。。

薄い層になったところがぱりぱり香ばしくて、
お葱の香りがよくて、次々手がのびます。

以前作った時は、大きく1枚に焼いて切り分けたのですけど、
今回は、直径8cmくらいの小さめのサイズに焼きました。
このサイズの方が、自分では美味しく出来るような気がします。





 応援クリックして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 料理ブログへレシピブログ 
  有難うございます☆
| トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。