スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
豚肉ときくらげとレンコンの混ぜご飯

豚肉ときくらげとれんこんの混ぜご飯を作りました。

豚肉ときくらげとれんこんを炒めて、
醤油、みりん、砂糖で味付けしたものを、
黒ゴマと一緒に、炊きたてのご飯にざっくり混ぜました。

これ、私自身の貧血対策に作ったものなんです。

実は私、去年から薬膳の勉強をしていまして、
最近「薬膳インストラクター」っていう資格をとったのですけど、
(詳しくは最後の追記で書いてます^^)
勉強も兼ねて、こんなの作ってみたのです。

貧血といえば、レバーですけど、
そんなにレバーばっかりも食べられませんし、ね。

黒きくらげは、補血といって血を補ってくれる、貧血に良い食材。
豚肉、黒ゴマも血を補い、元気をつけてくれます。
れんこんも、血を補ったり、血の巡りを良くしたり
炎症を抑えて止血する作用などもある食材です。

きくらげもれんこんも、もともと大好きなのでたっぷり入れました。

こりこりした食感が楽しくて、好きな感じのご飯になりました。


【豚肉ときくらげとレンコンの混ぜご飯】 
(材料)4人分
 豚こま肉…100g(小さめに切る)
 黒きくらげ…(乾燥)15g
 レンコン…80g(皮をむき小さめのいちょう切り)
 しょうが…1かけ(みじん切り)
 ごま油…大さじ1
 黒いりごま…大さじ1
 米…2合
 A(酒…大さじ1、しょうゆ…大さじ2と1/2、みりん…大さじ1、砂糖…大さじ1)

 (作り方)
 ①米をといで、いつもより心持ち少なめの水加減でセットし、炊く。
  きくらげは水につけて戻し、食べやすい幅に切ってから、千切りにする。

 ②フライパンにごま油を熱し、しょうがを炒め、豚肉も入れて炒める。
  豚肉の色が変わったら、れんこん、きくらげも入れて炒める。
  Aの調味料を加え、汁気がなくなるまで炒め煮にする。

 ③ご飯が炊きあがったら、フライパンの具を加え、黒ゴマも加えて、
  全体を混ぜ合わせたら出来上がり。



************

薬膳のお話をちょこっと。
興味のある方は続きを読む↓からどうぞ。
先月、薬膳インストラクターの資格試験を受けました。

以前から、薬膳や食べ物の効能などに興味があったので、
去年の夏位に、薬膳のセミナーに通い始め、
去年秋に、薬膳の初級の資格である「薬膳アドバイザー」というのをとりました。

アドバイザーといっても、初歩の初歩なので、
引き続き勉強を続けて、4月に中級の「薬膳インストラクター」の試験を受けました。

インストラクターの方は中医学の専門用語も多くて、
年のせいか憶える端から忘れていくし、
電車の中でもテキスト広げて暗記、とか学生の時以来で、
どうなることかと思いましたけど、まあなんとか合格出来ました。


最近は、薬膳、っていう言葉を耳にする機会も増えてきましたけど、
実際はまだまだ、とっつきにくいイメージを持っている方も、
多いんじゃないかなぁと思います。

苦い漢方薬とかが入ってて薬っぽい味がしそう、とか、
体には良さそうだけど、味は二の次・・・とか。

薬膳とは、基本的に、中医学理論に基づいて作られる食事ですが、
必ずしも、生薬等を使わないといけない訳ではありません。
スーパーに売っている普通の食材で、美味しく作れて、
気軽に生活に取り入れる事が出来るものです。

わたしたち日本人の食生活の中にも、
昔から言い伝えられ根付いている、様々な知恵がありますよね。

風邪気味でぞくぞくするなって時には、
お葱やしょうがを入れた料理で身体をあたためたり・・・
そういうのも立派な薬膳です。

加えて薬膳では、その人の体質や症状、季節、食材の持つ性質を
きちんと見極めて取り入れることが大切とされています。

バナナが便秘にいいからといって、
毎日せっせとバナナばかり食べていたら
バナナは、身体を冷やす性質をもった食材ですから、
冷え症の人などは、効果がないばかりか、
逆に健康を害すことにもなりかねません。

・・・とか、まぁそんなような事を、かじった程度ですが学んだ訳です。

私はまだまだ初心者なので、気軽に出来る範囲で、
ゆる~く取り入れている程度ですが、
この先、自分や家族の健康維持に活用しつつ、
このブログでもたまには紹介していけたらなと思います^^




 応援クリックして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 料理ブログへレシピブログ ・・・ありがとうございます♪
薬膳レシピ | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。