白きくらげとわかめとささみの胡麻酢和え

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。


さて、新年最初のメニューにしては何とも地味なのですけど、
白きくらげとわかめとささみの胡麻酢和え、です。

これは私の乾燥肌対策に作りました。

白きくらげは、西太后や楊貴妃も好んで食べたといわれる美容食材。
肺を潤す作用があり、乾燥肌、空咳、口渇に効果的です。

アクセントに加えた松の実も、
同じく肺を潤し、乾燥肌、乾燥から来る咳、便秘に効果があります。

わかめは、「腎」に良い食材。
わかめ、黒きくらげ、黒豆、黒ゴマなどの黒い食材は、
腎の働きを良くしてくれるといわれています。
中医学では、「腎」は季節で言うと冬と関係していて、
冬はそれらの黒いものをとると良いとされているのです。
ただ、わかめは身体を冷やす作用があるので、
冬場は身体を温める作用のある食材と合わせるのがポイント。

身体を温めてくれる玉ねぎ、鶏ささみなどを加え、
それからこれまた乾燥肌に良い、すり胡麻も。

白きくらげは手に入りにくい方もあるかもしれませんね。
デパートの中華食材コーナーでも手に入りますが、
中華街などに行くと大きな袋に入って安く売られているので、
わたしは神戸の南京町に行った時などに買い求めます。

楊貴妃とまでは高望みはしませんけれども、
少しでも綺麗になれたらいいなと願いをこめつつ・・・。

こりこりした白きくらげの食感が楽しい、さっぱりとした和えものです。


【白きくらげとわかめとささみのごま酢和え】
 (材料)2~3人分
 白きくらげ…(乾燥)10g
 わかめ…(乾燥)5g
 ささみ…大きめ1本
 (ささみ用に)塩、酒…適量
 玉ねぎ…小さめ1/4個(薄切り)
 松の実…大さじ2
 A(酢…大さじ2、醤油…大さじ1、砂糖…大さじ1、みりん…大さじ1/2、
すりごま…大さじ1、塩…小さじ1/4、ごま油…大さじ1)

 (作り方)
 ①ささみは塩適量をふり、小鍋に入れ、水と酒を同量位ずつひたひたくらいに入れて
  火にかける。煮立ったら火を弱めてふたをし、火が通るまで蒸し煮にする。煮汁に
  つけたまま冷ます。(レンジで加熱してもOK)冷めたら、手で小さく割いておく。

②白きくらげは水につけて戻し、根元の固い部分は取り除き、食べ易い大きさに切る。
  わかめも水につけて戻し、食べやすい大きさに切る。きくらげ、わかめ共に、よく
  水気をしぼっておく。玉ねぎも水にさらして、しぼる。

 ③器に、白きくらげ、わかめ、ささみ、玉ねぎ、松の実、を入れ、食べる直前に、
  よく混ぜ合わせたAで和えて出来上がり。





 応援クリックして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 料理ブログへレシピブログ ・・・ありがとうございます♪
薬膳レシピ | トラックバック(0)
冬瓜と鶏肉のカレー

冬瓜と鶏肉のカレーを作りました。
今が旬の、とうもろこしのご飯と一緒に。

今回は、梅雨のむくみ対策の薬膳を意識して作ってみました。

湿気の多い梅雨は、体内に余分な水分がたまりやすい季節。
体がむくんだり、だるかったり、胃の消化機能がおちて疲れやすかったり。

私自身、結構むくみやすい体質で、
雨の日は、身体がだるかったり頭が痛くなったりすることも。

今回、ご飯に使ったとうもろこしは、体内の水分代謝を良くし、
胃腸の働きを調整し、気を補ってくれる食材です。

あと、とうもろこしの皮をむいた中にある、細い髪の毛のようなひげ、
このひげの部分も捨てずに、刻んで一緒に炊き込むのもポイント。

とうもろこしのひげを干したものは、
玉米髭や南蛮毛という名で生薬としても使われるもので、
実の部分より利尿作用が強く、むくみ、高血圧、糖尿病等に良いとされてます。

最近、ペットボトルでも、とうもろこしのひげ茶って売ってますよね。

細かくみじん切りにして、ご飯に炊きこんだり、
スープに入れれば全然口当たりも気になりません。

それから、カレーに使った冬瓜。
冬瓜は、身体の熱を冷まし、これも体内の余分な水分を取り除いてくれます。
暑気あたり、むくみなどによく、利水作用があります。

冬瓜は身体を冷やす食材ですから、
冷え症の方はしょうがなどと合わせると○。

カレーにはお醤油とみりんも加えて、ちょっと和風っぽくしました。
とろとろの冬瓜が美味しい。

食欲のない時でもさらっと食べられる、あっさりしたカレーです。



【冬瓜と鶏肉のカレー&とうもろこしご飯】 
(材料)4~5人分
 ◎カレー
 鶏もも肉…大1枚(一口大に切って塩コショウ) 
 冬瓜…1/4個(450~500g)
 玉ねぎ…中1個(みじん切り)
 にんにく…1かけ(みじん切り)
 しょうが…1かけ(みじん切り)
 トマト…中2個(粗みじん切り)
 オリーブ油…大さじ2
 塩コショウ…適量
 カレー粉…大さじ2
 A(水…500cc、固形コンソメ…1個、醤油…大さじ1、みりん…大さじ1、ケチャップ…大さじ1、
   塩コショウ…適量)

 ◎とうもろこしご飯
(米…3合、とうもろこし…1本、酒…大さじ1、塩…小さじ1)
 
 
 (作り方)
 ≪とうもろこしご飯≫
①とうもろこしは皮をむき、ひげの部分をむしる。ひげの部分は先の方の茶色いところは
 取り除き、きれいなところを、洗ってからみじん切りにする。
 実の部分は包丁でそぎ落とすように切ってはずす。

②米をとぎ、心持ち少なめの水加減で炊飯器にセットする。とうもろこしの実、ひげ、実を
 はずしたあとの芯の部分、塩、酒も入れて炊く。炊きあがったら、芯を取り除き、
 全体をさっくり混ぜる。

≪冬瓜と鶏肉のカレー≫
①冬瓜は皮をむいて、わたの部分をとりのぞき、2~3cm角に切る。

②鍋にオリーブ油とにんにくしょうがを入れて火にかけて炒める。香りが出てきたら、
 玉ねぎも加えて炒める。きつね色になるくらいにじっくり炒める。

③鶏肉を加え、炒める。表面の色が変わってきたら、冬瓜も加えてざっと炒める。
 カレー粉も加えて炒め合わせる。

④Aの材料を加える。沸騰したらアクを取り、火を弱め、冬瓜がとろっと柔らかい
 食感になるまで、30分位煮込む。最後に塩加減を整える。器にご飯をよそい、
 カレーをかけて出来上がり。





 応援クリックして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 料理ブログへレシピブログ ・・・ありがとうございます♪
薬膳レシピ | トラックバック(0)
豚肉ときくらげとレンコンの混ぜご飯

豚肉ときくらげとれんこんの混ぜご飯を作りました。

豚肉ときくらげとれんこんを炒めて、
醤油、みりん、砂糖で味付けしたものを、
黒ゴマと一緒に、炊きたてのご飯にざっくり混ぜました。

これ、私自身の貧血対策に作ったものなんです。

実は私、去年から薬膳の勉強をしていまして、
最近「薬膳インストラクター」っていう資格をとったのですけど、
(詳しくは最後の追記で書いてます^^)
勉強も兼ねて、こんなの作ってみたのです。

貧血といえば、レバーですけど、
そんなにレバーばっかりも食べられませんし、ね。

黒きくらげは、補血といって血を補ってくれる、貧血に良い食材。
豚肉、黒ゴマも血を補い、元気をつけてくれます。
れんこんも、血を補ったり、血の巡りを良くしたり
炎症を抑えて止血する作用などもある食材です。

きくらげもれんこんも、もともと大好きなのでたっぷり入れました。

こりこりした食感が楽しくて、好きな感じのご飯になりました。


【豚肉ときくらげとレンコンの混ぜご飯】 
(材料)4人分
 豚こま肉…100g(小さめに切る)
 黒きくらげ…(乾燥)15g
 レンコン…80g(皮をむき小さめのいちょう切り)
 しょうが…1かけ(みじん切り)
 ごま油…大さじ1
 黒いりごま…大さじ1
 米…2合
 A(酒…大さじ1、しょうゆ…大さじ2と1/2、みりん…大さじ1、砂糖…大さじ1)

 (作り方)
 ①米をといで、いつもより心持ち少なめの水加減でセットし、炊く。
  きくらげは水につけて戻し、食べやすい幅に切ってから、千切りにする。

 ②フライパンにごま油を熱し、しょうがを炒め、豚肉も入れて炒める。
  豚肉の色が変わったら、れんこん、きくらげも入れて炒める。
  Aの調味料を加え、汁気がなくなるまで炒め煮にする。

 ③ご飯が炊きあがったら、フライパンの具を加え、黒ゴマも加えて、
  全体を混ぜ合わせたら出来上がり。



************

薬膳のお話をちょこっと。
興味のある方は続きを読む↓からどうぞ。
>>続きを読む・・・
薬膳レシピ | トラックバック(0)
 | HOME |