FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
揚げなすと海老のエスニックマリネ

相変わらずの猛暑続きですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


もはやクーラーなしでは一時も過ごせない今年の夏です。


わたしは夏が苦手な方なのですけども、

数少ない夏の好きなことを挙げるとすれば、

エスニックな料理が美味しく感じられるということでしょうか。

タイ料理とかベトナム料理とかね、

むしょうに食べたくなります。


ということで、今回は、

揚げなすと海老のエスニックマリネを作ってみました。


揚げなすとゆでた海老を、
スイートチリソースを使ったドレッシングであえる、簡単マリネです。

スイートチリソースの甘さ、レモンの酸味が、
揚げたなすのコクと良く合います


【揚げなすと海老のエスニックマリネ】

(材料)2~3人分
なすび・・・2本
海老・・・7~8尾
紫玉ねぎ・・・1/4個(薄切り)
A(スイートチリソース・・・大さじ2、レモン汁・・・大さじ2、ナンプラー・・・小さじ1)
あれば、ピーナッツの刻んだもの・・適量
バジル、パクチーなどお好みのハーブ・・・適量

(作り方)
①Aを混ぜ合わせて、ソースを作る。

②海老は殻をむいて、背側に包丁で切りこみを入れ、背ワタをとる。
 沸騰したお湯で火が通るまでゆで、お皿にとって冷ましておく。

③なすは乱切りにして水に数分さらし、水気をよくふきとる。
 鍋に揚げ油を熱し、なすをいれ、切り口が少し色づくくらいに素揚げする。

③揚げたなす、海老、薄切りの玉ねぎ、Aのソースをあわせ、よくあえる。
 冷蔵庫で冷やしておく。

④器にもりつけ、ピーナッツを散らし、ハーブを飾ったら出来上がり。
 




応援クリックしていただけると嬉しいです♪
↓                                        

レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーサイト
野菜 | トラックバック(0)

れんこんのツナマヨフライ

2018/06/10 Sun 16:18

れんこんとツナマヨのフライ


れんこんを使った手軽な揚げものを作りました。

名前のまんまですけど、スライスしたれんこんに、ツナマヨをのせてフライにしています。

ツナマヨには、玉ねぎのみじん切りも入れようかと思ったのですけど、
ここは手軽さを優先して、ツナとマヨネーズのみにしました。

実は、今回、ツナマヨだけじゃなく、
茹で卵とマヨの卵サラダをのせたバージョンも作ってみたのです。

悪くはなかったけど、ちょっとぼんやりした味だったので
やはりツナマヨの方がいいなという結論になりました(*´v`)


【れんこんのツナマヨフライ】

(材料)
れんこん・・・(中)1ふし
ツナ缶(フレーク)・・・小(70gのもの)×2缶
マヨネーズ・・・大さじ3
小麦粉、とき卵、パン粉、揚げ油・・・適量

(作り方)
①れんこんは皮をむき、5mm厚さにスライスして、酢水にさらしておく。

②油分、水分をきったツナにマヨネーズを加えて混ぜる。

③水気をふきとったれんこんの片側に粉を軽くまぶし、
 ツナマヨを適量のせ、軽く押さえる。
(ツナマヨはあまりこんもりと沢山のせるとツナの味が強すぎるので、
 薄めにのせた方が良いです)

④小麦粉、とき卵、パン粉の順に衣をつける。

⑤鍋に揚げ油を中温に熱し、きつね色になるまで揚げたら出来上がり。
 レモンをそえてどうぞ。




応援クリックしていただけると嬉しいです♪
↓                                        

レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
野菜 | トラックバック(0)
菜の花と牛肉のナンプラー炒め


またまた菜の花です。

ほんと好きですよねぇ。

菜の花好きじゃない方には申し訳ないのですけど


菜の花と牛肉のシンプルな炒めものです。

味付けはナンプラー風味にしました。

菜の花のほろ苦さと、くせのある調味料は相性がいいような気がします。



【菜の花と牛肉のナンプラー炒め】
(材料)2人分
菜の花・・・100g
牛肉薄切り切り落とし・・・150g
にんにくみじん切り・・・1かけ分
牛肉の下味(酒・・・大さじ1、塩・・少々、片栗粉・・・大さじ1)
A(酒・・・大さじ1、ナンプラー・・・小さじ2、しょうゆ・・・小さじ1/2、砂糖・・・小さじ1)
サラダ油・・・大さじ1+大さじ1

(作り方)
①Aの調味料を混ぜ合わせておく。牛肉に酒、塩をもみこみ、片栗粉をまぶす。

②菜の花は根元の固い部分を少し切り落とし、4cmくらいの長さに切る。
 茎の部分は、太ければ、火が通りやすいよう縦半分に切る。

③フライパンにサラダ油を熱し、牛肉を入れて焼く。色が変わったら、いったん取り出しておく。

④フライパンにサラダ油大さじ1を足し、にんにくを入れて炒める。菜の花を茎の部分から入れて炒め、
 さらにそれ以外の部分も加えて炒める。しんなりしてきたら、牛肉をフライパンに戻す。

⑤Aを加え、ざっと炒め合わせたら出来上がり。






応援クリックしていただけると嬉しいです♪
↓                                        

レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
| コメント(0) | トラックバック(0)

菜の花のドライカレー

2018/03/06 Tue 18:07

菜の花のドライカレー


お久しぶりです!

皆様いかがお過ごしでしょうか。

なんだか急に暖かくなって、あれよあれよというまに春めいてきました。

もう3月だなんて!

ついこないだ年が明けたばかりのような気がするのですが。。。


そんなこんなで、大好きな菜の花を使って一品。

菜の花のドライカレーです。

菜の花を刻んだものがたっぷり入ってます。

苦いもの食べて冬の間にたまった毒を出しましょう。

菜の花のほろ苦さと目玉焼きのまったり感が好相性でした。



【菜の花のドライカレー】
材料(2~3人分)
合いびき肉・・・200g
にんにく1かけ・・・(みじん切り)
たまねぎ・・・中1/2個(みじん切り)
菜の花(あまり茎の太くないもの使用)・・・100g
サラダ油・・・大さじ1
カレー粉・・・大さじ1と1/2
A(トマトジュース・・・100cc、ココナッツミルク・・・100cc、砂糖・・・小さじ1、
 ウスターソース・・・大さじ1/2、固形コンソメ・・・1/2個、塩コショウ・・・適量)
目玉焼き・・・2~3枚


(作り方)
①鍋にお湯に沸騰させ、塩を入れ、菜の花を茎の方から入れてゆでる。
 20~30秒くらい。ゆですぎに注意。冷水に取り、水気をよく絞り、みじん切りにする。

②フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを入れて炒める。色づいてきたら、にんにくも加えて炒める。

③ひき肉も加え炒める。色が変わってきたら、カレー粉を加えて炒め合わせる。

④Aの調味料を加える。汁けが少なくなるまで煮る。

⑤最後に、きざんでおいた菜の花を、飾り用に少し残し、それ以外をすべて加え、ひと煮立ちさせる。
 火を止め、味を見て塩加減を調節する。

⑥目玉焼きを焼く。器にごはんを盛りつけ、ドライカレーをかけ、飾りに残しておいた菜の花を散らす。
 目玉焼きものせて出来上がり。
 







応援クリックしていただけると嬉しいです♪
↓                                        

レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
| コメント(0) | トラックバック(0)
ささみと紅ショウガの春巻き

こんにちは^^

ささみを使った超簡単な春巻きを作ってみました。

具の材料はごくごくシンプル。
ささみと紅しょうがのみ。

シンプルだけど、淡白なささみに
紅ショウガの酸味と辛味がアクセントになってます。

マヨネーズをつけると美味しいですけれど、お好みで。


<ささみと紅しょうがの春巻き>
材料(10本分)
ささみ(大きめ)・・・3本
紅ショウガの千切り・・・50~60g(軽く汁けをきっておく)
春巻きの皮・・・10枚
酒、塩コショウ・・・適量
小麦粉と水を同量でといたもの・・・適量
揚げ油・・・適量
マヨネーズ・・・適量


(作り方)
①ささみはすじを取り、1本を3切れくらいの棒状に切る。
 (春巻きの皮は大体10枚入りなので、1枚余らせたくない方は
 一番大きめなのを4切れに切るなどして調節してください(笑))

②切ったささみに、酒適量をまぶし、塩コショウを軽く振っておく。

③春巻きの皮に、ささみを1切れ置き、その上に紅ショウガも適量のせ、
くるくる巻く。巻き終わりに小麦粉ののりを塗って止める。

④熱した揚げ油で、こんがりきつね色に、火が通るまで揚げる。
お皿に盛りつけ、マヨネーズを添えて出来上がり。




↓11月発売の「クックパッド得旬レシピ」に
 「たらとじゃがいものミルク煮」のレシピを掲載していただいてます。





応援クリックしていただけると嬉しいです♪
↓                                        

レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
| コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。