FC2ブログ

菜の花とささみの胡麻和え

2021/03/27 Sat 11:50

菜の花とささみの胡麻和え


今年の春も、菜の花たくさんいただきました。


我が家でよく作る菜の花の料理は、
一番がお漬物、次にお浸しや和え物、それから炒め物、揚げ物の順ですね。


今回は、ささみと合わせた和え物です。


ささみをレンジでチンして裂いたものと一緒に、胡麻和えにしました。


苦みのある春野菜は、冬の間に体にたまった余分なものを排出してくれるんですよね。


内向きになっていた体と心が、新しい季節に向けてめざめていく感覚。


菜の花さん、ありがとう、という気持ちになります。


【菜の花とささみの胡麻和え】
(材料)
菜の花…100g
ささみ…2本
塩、酒…適量
A(すりごま…大4、醤油…大1と1/2、砂糖…大1、みりん…大1)

(作り方)
①ボウルにAの調味料をあわせておく。

②耐熱皿にささみをのせ、塩、酒適量をふってラップをかけ、レンジに3分位(途中で裏返して)かけて、火を通す。
粗熱がとれたら細かく裂く。

③菜の花は根元の固い部分を切り落として、塩を加えた熱湯でゆで、水に取り冷ます。水気を絞って、食べやすい長さに切る。

④調味料を合わせたボウルに、ささみと菜の花を入れて和えて出来上がり。




レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
野菜
ささみと紅ショウガの天ぷら

鶏ささみと紅ショウガの天ぷらを作りました。


市販の天ぷら粉を使った衣に、
紅ショウガのみじん切りを加えています。


ささみは、火が通りやすいように、
観音開きにし、平たくしてから、
半分に切ります。


淡白なささみに紅しょうがのアクセントが効いて、美味しかったです。


紅しょうがはメーカーによって、
塩分や色も様々だと思うので、
お好みで量は調節されると良いかもしれません。


上の写真に写っているのは、
家で漬けた紅ショウガを使ったものですが、色が濃い目です。


市販の紅ショウガでも試してみましたが、
色の違いはあるものの、味は殆ど変わらず美味しく出来ました。


揚げる際、ひとつポイントがあって、
衣の中の紅ショウガが肉にまとわりつきにくいので、
肉を油に入れた後、その上に紅ショウガの部分をいくらかのせてあげて下さい。


また、もし衣があまった場合は、
それで天かすを作ると、
紅ショウガ入りの天かすになって、
たこ焼きやお好み焼き、うどんなどに使うと美味しいです


【ささみと紅ショウガの天ぷら】
(材料)2~3人分
鶏ささみ…4本
塩…適量
酒…適量
衣(天ぷら粉…50g、水…75g、紅ショウガのみじん切り…大さじ3)
※お使いの天ぷら粉によって水の量は調節して下さい
揚げ油…適量

(作り方)
①ささみはすじを取り、縦に切り込みを入れて観音開きにし、
 軽く包丁の背でたたいて平たくする。それを半分に切る。

②ささみに酒適量をまぶし、塩を両面軽くふる。

③ボウルに天ぷら粉と水を入れて混ぜ、
紅ショウガのみじん切りも加えてさっと混ぜる。

④鍋に揚げ油を熱し、ささみを衣にくぐらせ、油に入れる。
油に入れたささみの上に、衣の中の紅ショウガをスプーンなどで少々のせる。

⑤中まで火が通り、こんがり両面あがったら出来上がり。




レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ


豚肉のパセリチーズカツ


このたび、レシピブログさんのモニタープレゼント企画で、

「グリーンパン ウッドビー フライパン 24cm」を使わせて頂きました。


グリーンパン


ベルギー生まれの調理ブランド、グリーンパンの製品は、

フッ素樹脂を使用せず、独自の」セラミック・ノンスティック(こびりつき防止)

コーティングが用いられています。


グリーンパンのセラミックコーティングは、

砂と同じ成分から作られており、人体や環境に影響を及ぼす可能性のある

化学物質が含まれていない、とのこと。


今回頂いたのは、ホワイトカラー×ウッド調のウッドビーシリーズ。

熱伝導にすぐれ、こびりつきにくいのでお手入れも簡単。

IH、ガスどちらでも使え、オーブンも160℃まで使用可能です。


早速、これを使って、

パセリとチーズを挟んだポークカツを作ってみました。


豚肉は、薄切り肉より分厚めの、しょうが焼き用を使用しています。

きざんだたっぷりのパセリとチーズを間に挟んで、

半分に折りたたみ、衣をつけてカツにします。

パセリは火が通ると量が減るので、こんもり挟んで大丈夫。


グリーンパン2

清潔感のあるホワイトカラー。

ウッド調の取っ手も安定感があり、

見た目も可愛らしくて、使っていて楽しいです。


グリーンパン3

↑表面がつるつるしていて、揚げ物もひっくり返しやすかったです。

少な目の油でからりと揚がりました。

汚れもするりと取れるので、お手入れもラクチンです。


今回、読者様向けに、期間限定のクーポンもあります☆

レシピの後に記載していますので、

興味のある方はチェックしてみて下さいね♪↓




【豚肉のパセリチーズカツ】
(材料)2~3人分(5個分)

豚しょうが焼き用・・・5枚
パセリ・・・15g
溶けるチーズ・・・60g
塩コショウ・・・適量
小麦粉、溶き卵、パン粉、揚げ油・・・適量

(作り方)
①パセリはみじん切りにし、チーズと混ぜておく。

②しょうが焼き用の肉を一枚広げ、全体に軽めに塩コショウをする。

③パセリとチーズを混ぜたものの5分の1を、ぎゅっと手でにぎり
(ぎゅっとにぎってかさを減らしたほうが飛び散らずにのせやすいし、
たっぷりパセリを入れられます)、肉の上にのせる。
半分に折り、端の部分を押さえて、くっつけるようにして形を整える。
くっつけた端の部分をつまようじで止めておく。ほかの4枚も同じように作る。

④小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。

⑤フライパンに油を熱し、こんがり両面きつね色になるまで揚げる。
つまようじを外し、お皿に盛りつけて出来上がり。


**************

【グリーンパン 期間限定クーポン】


https://www.lacucinafelice.com/shopbrand/b_0003/
 クーポンの利用期間は6月1日(月)〜7月14日(火)で、
 今回のモニター商品ウッドビーフライパンだけでなく、グリーンパンの
 全商品が対象となります。(グリーンパン以外の商品にはご利用いただけません)
 期間中おひとり何回でもご利用になれます。
 
 ※ご注意※
 クーポンは指定のオンラインストア「La Cucina Felice」以外の
Amazon、楽天等のECサイトではご使用になれません。
  
 【クーポンコード】
  k77oi7y9s1m202006

オンラインストア「La Cucina Felice」
https://www.lacucinafelice.com/shopbrand/b_0003/
にて購入手続き時に、クーポンコード欄に
クーポンコード【k77oi7y9s1m202006】を入力すると
決済時に金額が10%OFFされます。




レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ

【レシピブログの「こびりつきにくくお手入れ簡単!「グリーンパン」のフライパンで毎日のお料理を楽しもう♪」レシピモニター参加中 】
| トラックバック(0)
あじの干物と梅干しのポテトサラダ


皆様、いかがお過ごしですか。


このところ何だか夏のように暑い日もあって、
今年はお花見などを楽しむ余裕もなかったせいか、春の気分を味わえないまま、
春を飛び越えて初夏になってしまったような、変てこな気分です。


そんななか、夏向きというにはちょっと気が早いですけれど、
ちょっとあっさりしたポテトサラダを作りました。


アジの干物を焼いてほぐしたものと、梅干しをたたいたもの、
きゅうり、青じそなどを混ぜ込みました。


マヨネーズを使わないさっぱり味のポテサラです。



【あじの干物と梅しそのポテトサラダ】
(材料)2~3人分
じゃがいも・・・中3個
あじの干物・・・大きいものだと半身(70~90g位)
梅干し・・・大2個
きゅうり・・・1/2本
塩・・・適量
青じそ・・・5枚(千切り)
オリーブ油・・・大さじ1

(作り方)
①あじの干物はグリルなどで焼いてから、皮と骨をとりのぞき、粗くほぐしておく。
 梅干しは種をとりのぞき、粗くたたいておく。
 きゅうりは薄切りにして、塩適量をまぶし、しんなりしたら水気をしぼっておく。

②じゃがいもは皮をむき、一口大に切って塩適量を加えたお湯でゆでる。
 はしが通るくらいになったら、鍋のお湯を切り、再び火にかけて鍋をゆすり、
 粉吹き芋のようにして水分を飛ばす。

③器にじゃがいもを入れ、熱いうちに梅干しとオリーブ油を混ぜる。

④粗熱がとれたら、きゅうり、あじの身、青じそをさっくり混ぜて出来上がり。
 (あくまでも好みですが、このサラダに関しては、冷蔵庫で冷やさない方が、
  アジの身も固くならず、味のめりはりがはっきりして、美味しいように思いました。
  作りたてか、あまり時間を置かずに常温で食べるのがおすすめです)




レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ

野菜 | コメント(0) | トラックバック(0)
あさりと菜の花のご飯

菜の花真っ盛りの季節です。


大好きな菜の花、今年もせっせと食べていますよ。


ところで、皆さん、
「菜の花」という名前の花はない、ということ、ご存じでした?


菜の花、とは、アブラナ、大根、ブロッコリー、からし菜、小松菜、カリフラワーなど、
アブラナ科の植物の総称なのだそうです。


ですから、これらの植物の白い花や紫の花なども、菜の花、と呼ぶわけです。


ちなみに、私たちが普段スーパーなどで買って食べる、
黄色い花が咲くものはアブラナです。


というようなことを、恥ずかしながら、わたしは最近はじめて知ったのです。


今回、菜の花は、あさりと合わせて春らしいご飯にしました。


あさりは、酒蒸しにして身をはずしておいたものを、
炊きあがってから混ぜ込むので、縮み過ぎずふっくらしています。


酒蒸しした際に出る汁もごはんに炊き込むので、
あさりのうま味が溶け込んで美味しいです。


【あさりと菜の花の炊き込みご飯】
(材料)3~4人分
米・・・2合
菜の花・・・・1束
あさり(砂抜きしたもの)・・・300g
しょうがの千切り・・・半かけ分
酒・・・50cc
出汁・・・適量
しょうゆ・・・大さじ1と1/2
塩・・・小さじ1/4

(作り方)
①米はといでから、水に30分ほど浸した後、ざるに上げておく。

②菜の花は根元の固い部分を切り落とし、さっと下茹でする。
 水気をしぼり、1.5~2cm幅に切っておく。

③砂抜きしたあさりはよく洗ってから鍋に入れ、酒を加えてふたをし、
 火にかける。あさりの口が全て開くまで、2~3分蒸し煮にする。
 全て口が開いたら火を止める。あさりは身をはずしておく。
 煮汁はこして、砂などを取り除く。

④炊飯器に、米、あさりの煮汁、しょうゆ、しょうがの千切りを入れ、
 さらに2合分の目盛りまで出汁を入れて、炊く。

⑤炊き上がったら、はずしておいたあさりの身と菜の花を加えて混ぜて、出来上がり。





レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
ご飯 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »