FC2ブログ

たけのこハンバーグ

2019/05/09 Thu 15:07

たけのこのハンバーグ

今年も、たけのこの季節ですね。

 
若竹煮やら和え物やらてんぷらにも飽きてきて、
たけのこ入りの鶏肉のハンバーグにしました。


たけのこは結構加えましたけど、これくらいたっぷりの方が美味しいです。


たけのこの食感がアクセントになって、楽しい。


味付けは和風の甘辛味に。


青じその香りもポイントです。



【たけのこのハンバーグ】
材料(普通のハンバーグより一回り小さめのもの6個分くらい)

鶏ひき肉・・・300g
たけのこの水煮・・・100g(粗いみじん切り)
玉ねぎ・・・1/4個(みじん切り)
卵・・・1個
パン粉・・・大さじ1
青じそ・・・10枚(千切り)
塩こしょう・・・適量
サラダ油・・・適量

たれ(しょうゆ、酒、みりん、砂糖、適量を、てり焼き味に合わせたもの)

(作り方)
①ボウルに鶏ひき肉を入れ、刻んだ玉ねぎ、たけのこ、卵、パン粉、塩コショウを入れ、
よく練り、青じそも加えて混ぜ合わせる。

②適当な大きさに形作る。

③フライパンにサラダ油を熱し、ハンバーグを入れ、両面こんがり焼き色がついて、
火が通るまで焼く。

④合わせておいたたれを加えて、少し煮詰めたら、出来上がり。





レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ


| トラックバック(0)
さば缶とじゃがいものサワークリーム焼き


最近、さば缶が健康に良いとかで、

メディアで取り上げられていますね。


健康のため、という訳じゃないのだけど、
我が家でもさば缶は常にストックしてあります。


くせもなくどんな料理にも合うし、骨まで食べられるし、
長期保存も出来るからいつでも使えて便利。


今回は、そのさば缶で簡単なグラタンを作りました。


玉ねぎ、じゃがいも、さば缶の身を耐熱皿に重ね
サワークリームとチーズをのっけて焼くだけ。


さばとじゃがいもって合うんですよね。


サワークリームの酸味でさばのクセも和らぎます。


グラタンが美味しく感じられるこれからの時期に、良かったらぜひ



【さば缶とじゃがいものサワークリーム焼き】
(材料)2人分
さば水煮缶・・・1缶
じゃがいも・・・中2個
玉ねぎ・・・1/2個
サワークリーム・・・1パック(90~100g)
ピザ用チーズ・・・適量
塩こしょう・・・適量

(作り方)
①じゃがいもは皮をむいて5mm厚さ、玉ねぎは薄切りにする。

②耐熱皿に玉ねぎを広げ、その上にじゃがいもを重ねて並べる。
全体に塩コショウをして、ラップをし、レンジで5分ほど加熱する。

③汁気を切ったさば缶のさばの身を、適当な大きさにほぐしながら、
じゃがいもの上にのせる。

④その上にサワークリームを全体に散らすようにのせ、チーズもかける。
200℃のオーブンで15分ほど、焼き色がつくまで焼いたら出来上がり。





レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
>>続きを読む・・・
魚貝 | トラックバック(0)

豚肉のおかか焼き

2018/11/18 Sun 16:14

20191116

こんにちは。

秋も深まりだいぶ冷え込んできたなと思ったら、

もう今年もあと一か月半だということで、

何かきつねにつままれたような気持ちでいます。



今回は、豚肉に、かつお節を衣代わりにまぶして焼いてみました。

あっさりしているほうが合うように思い、

今回、ヒレ肉を使いました。

ヒレがなければ、モモでもよいかもしれません。



あっさりしているけど、かつお節の風味が加わって、

ただ焼いたものとはちょっと目先が変わった感じになりました。



写真ではお皿の向こうに大根おろしも添えていますけど、

実際食べてみたら、これは断然からしが合う。

なので、作られた方は、からしをぜひ添えてみて下さい


【豚肉のおかか焼き】
(材料)2人分
豚ヒレ肉ブロック・・・200~250g
塩・・・適量
しょうゆ・・・小さじ1
溶き卵・・1個分
削りぶし(細めのもの)・・・適量10g~位
サラダ油・・・適量

(作り方)
①豚肉は1.5cm幅にスライスし、包丁の背で軽くたたいて
きもち平べったくする。

②塩適量をふり、しょうゆを全体にまぶしておく。

③溶き卵をつけ、かつおぶしをパン粉のように表面につける。

④フライパンに油を熱し、豚肉を入れ、火が通るまで両面こんがり焼く。
お皿にもりつけ、からしを添えて出来上がり。





レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
| トラックバック(0)
揚げなすと海老のエスニックマリネ

相変わらずの猛暑続きですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


もはやクーラーなしでは一時も過ごせない今年の夏です。


わたしは夏が苦手な方なのですけども、

数少ない夏の好きなことを挙げるとすれば、

エスニックな料理が美味しく感じられるということでしょうか。

タイ料理とかベトナム料理とかね、

むしょうに食べたくなります。


ということで、今回は、

揚げなすと海老のエスニックマリネを作ってみました。


揚げなすとゆでた海老を、
スイートチリソースを使ったドレッシングであえる、簡単マリネです。

スイートチリソースの甘さ、レモンの酸味が、
揚げたなすのコクと良く合います


【揚げなすと海老のエスニックマリネ】

(材料)2~3人分
なすび・・・2本
海老・・・7~8尾
紫玉ねぎ・・・1/4個(薄切り)
A(スイートチリソース・・・大さじ2、レモン汁・・・大さじ2、ナンプラー・・・小さじ1)
あれば、ピーナッツの刻んだもの・・適量
バジル、パクチーなどお好みのハーブ・・・適量

(作り方)
①Aを混ぜ合わせて、ソースを作る。

②海老は殻をむいて、背側に包丁で切りこみを入れ、背ワタをとる。
 沸騰したお湯で火が通るまでゆで、お皿にとって冷ましておく。

③なすは乱切りにして水に数分さらし、水気をよくふきとる。
 鍋に揚げ油を熱し、なすをいれ、切り口が少し色づくくらいに素揚げする。

③揚げたなす、海老、薄切りの玉ねぎ、Aのソースをあわせ、よくあえる。
 冷蔵庫で冷やしておく。

④器にもりつけ、ピーナッツを散らし、ハーブを飾ったら出来上がり。
 




応援クリックしていただけると嬉しいです♪
↓                                        

レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
野菜 | トラックバック(0)

れんこんのツナマヨフライ

2018/06/10 Sun 16:18

れんこんとツナマヨのフライ


れんこんを使った手軽な揚げものを作りました。

名前のまんまですけど、スライスしたれんこんに、ツナマヨをのせてフライにしています。

ツナマヨには、玉ねぎのみじん切りも入れようかと思ったのですけど、
ここは手軽さを優先して、ツナとマヨネーズのみにしました。

実は、今回、ツナマヨだけじゃなく、
茹で卵とマヨの卵サラダをのせたバージョンも作ってみたのです。

悪くはなかったけど、ちょっとぼんやりした味だったので
やはりツナマヨの方がいいなという結論になりました(*´v`)


【れんこんのツナマヨフライ】

(材料)
れんこん・・・(中)1ふし
ツナ缶(フレーク)・・・小(70gのもの)×2缶
マヨネーズ・・・大さじ3
小麦粉、とき卵、パン粉、揚げ油・・・適量

(作り方)
①れんこんは皮をむき、5mm厚さにスライスして、酢水にさらしておく。

②油分、水分をきったツナにマヨネーズを加えて混ぜる。

③水気をふきとったれんこんの片側に粉を軽くまぶし、
 ツナマヨを適量のせ、軽く押さえる。
(ツナマヨはあまりこんもりと沢山のせるとツナの味が強すぎるので、
 薄めにのせた方が良いです)

④小麦粉、とき卵、パン粉の順に衣をつける。

⑤鍋に揚げ油を中温に熱し、きつね色になるまで揚げたら出来上がり。
 レモンをそえてどうぞ。




応援クリックしていただけると嬉しいです♪
↓                                        

レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログへ
野菜 | トラックバック(0)
 | HOME | Next »